BLOG
せたげってぃ~くん

センプレのディナーメニューでは生パスタをお好みで選べるげってぃ~よ。

今日はセンプレで選べる生パスタ3種の紹介と美味しく食べるためのポイントを聞いてみるげってぃ~。

また、センプレの生パスタ麺はお店や通販で買えるげってぃ~よ。
おうちでも美味しい生パスタを食べてげってぃ~ね!


生スパゲティー

生スパゲティー

生パスタを食べ慣れてない方にお勧めな定番な生パスタ。

パスタの表面が滑らかでどんなソースにも合い、乾麺のようなしっかりした弾力に富んだモチモチ食感で、麺に旨みがあるのが特徴のセンプレ自慢の茹で上げをそのまま食べても美味しい生スパゲティ。

加藤店長

乾麺とは全然違うんです。
是非ともゆでたてをシンプルにそのまま食べてほしい!そのくらい美味しさに自信があります。!!

ゆで時間についてのポイント!
お店ではパスタの状態によって、毎日茹で時間を変えていますが大体2分~2分20秒の間になっています。

茹でる時のポイント!
お湯に入れて少ししたらスパゲティを菜箸などで軽くほぐして茹でてください。
センプレの生パスタには麺自体に塩が少量練り込んでありますので茹でるお湯には塩は入れなくてOKです。
茹でた時にパスタの中から塩分が溶け出し、お湯に溶け込みそのお湯をまたパスタが吸収して戻り、麺に強いコシが生まれます。
生パスタの為、茹で時間が短いからこそ出来るこの製法です。
又、茹でる時のお湯は1食あたり1.5リットルぐらいのお湯で茹でるとより生パスタの醍醐味の小麦の風味とモチッと食感が出やすくなります。
更に、生パスタを入れて沸騰したら火を弱火(ポツポツと空気の泡が出るくらい)で茹でるとパスタのコシも出やすいです。
これは強火でグツグツ茹でるとパスタ同士が絡み合いパスタの表面を傷付けてしまう為です。

生ペンネ

生ペンネ

ペンネはペン先に似ていることからその名がついたショートパスタ。

最近日本でも流行り始めたショートパスタ、本場イタリアではよく食べられます。
表面の筋にソースが入り込み、スープ系・グラタン・クリーム・トマトなどのソースに幅広く合わせやすいです。
茹でのびしににく食べ応えのあるセンプレの生パスタはモチップリッで楽しい美味しい食感です。

加藤店長

何よりショートパスタのため茹で時間が短い!おつまみはもちろん、サラダやグラタンにも使い方色々で重宝しちゃいますよ。

茹で方についてのポイント!
お店ではパスタの状態によって、毎日茹で時間を変えていますが大体1分50秒~2分10秒の間になっています。
1分50秒ぐらいで茹であげるとコシが強く、プリッと食感が楽しめます。

茹でる時のポイント!
お湯に入れて少ししたらペンネを菜箸などでほぐして茹でてください。
センプレの生パスタには麺自体に塩が少量練り込んでありますので茹でるお湯には塩は入れなくてOKです。
茹でた時にパスタの中から塩分が溶け出し、お湯に溶け込みそのお湯をまたパスタが吸収して戻り、麺に強いコシが生まれます。
生パスタの為、茹で時間が短いからこそ出来るこの製法です。
更に、生パスタを入れて沸騰したら火を弱火(ポツポツと空気の泡が出るくらい)で茹でるとパスタのコシも出やすいです。
強火でグツグツ茹でるとパスタ同士が絡み合いパスタの表面を傷付けてしまう為です。

さらに美味しい茹で方をご紹介します!
茹で汁にパスタソースを入れます。
つまり水っぽいパスタソースになった茹で汁で生ペンネを1分30秒くらい茹で上げてから本来のパスタソースの中に入れて一緒に煮込むとパスタにソースの美味しさが染み込んだ絶品ペンネが楽しめます。

生フェットチーネ

生フェットチーネ

卵不使用の為、小麦の風味が強く香る幅8.0mmの平たいパスタです。

弾力に富んだモチプリッと歯切れがよい食感が特徴でクリームソースなどの濃厚なソースとの相性抜群。
食べ応えのあるセンプレの生パスタならではのモチモチ感を楽しめます。
長さを半分にカットしてスパゲッティグラタンにしても美味しい、料理のレパートリーが増える生パスタ。

加藤店長

生パスタの本来の食感を存分に楽しめる!
卵不使用だからアレルギーの人も安心な生パスタです。

茹で方についてのポイント!
お店ではパスタの状態によって、毎日茹で時間を変えていますが大体3分10秒~3分35秒の間になっています。

茹でる時のポイント!
麺同士がくっつきやすい為よく菜箸などでほぐしたほうが良いです。
センプレの生パスタには麺自体に塩が少量練り込んでありますので茹でるお湯には塩は入れなくてOKです。
茹でた時にパスタの中から塩分が溶け出し、お湯に溶け込みそのお湯をまたパスタが吸収して戻り、麺に強いコシが生まれます。
生パスタの為、茹で時間が短いからこそ出来るこの製法です。
更に、生パスタを入れて沸騰したら火を弱火(ポツポツと空気の泡が出るくらい)で茹でるとパスタのコシも出やすいです。
強火でグツグツ茹でるとパスタ同士が絡み合いパスタの表面を傷付けてしまう為です。

茹でる時にお湯にエクストラバージンオリーブオイルを少量入れてから茹でるとパスタのくっつき防止になるのとパスタに微かにオリーブオイルの香りがうつり風味豊かになりますよ。


image_one-point-advice2

せたげってぃ~くん

なるほどだげってぃ~

3種の生パスタは茹で時間の差があるもののおおよそ茹で方は同じってとこげってぃ~な。
これならご家庭でも簡単に美味しい生パスタを食べられるげってぃ~!

みんなも是非試してくれげってぃ~。

ちなみにセンプレのディナーメニューでおいらのおすすめはゴルゴンゾーラチーズのクリームソースでいただくペンネだげってぃ~。
これはお店に行ったときに美味しいワインと是非楽しんでもらいたいげってぃ~よ。

じゃあね~。